鹿児島経済発展の方向性

~農商工連携・6次産業化パネルディスカッション~

農商工連携や6次産業化は、地域において新たな所得や雇用を創出する等地域経済の活性化の重要な取り組みとして年々注目度が高まっております。鹿児島商工会議所では、農商工連携や6次産業化の取り組みで成功を収めている県内企業の御3方をパネラーにお迎えし、「農商工連携・6次産業化パネルディスカッション」を開催いたします。経営力向上へのヒントが満載の内容となっております。多数のご参加をお待ちしております。


■実施要領

日 時 平成30年6月4日(月) 13:30~15:10
場 所 鹿児島商工会議所ビル4階アイムホール(鹿児島市東千石町1番38号)
受講料 無料
定員 100名
申込方法 下記より申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上 E-mailもしくは FAXにてお申し込み下さ い。

ダウンロードはこちらから ⇒農商工連携・6次産業化パネルディスカッション

 


■内容

①社内農商工連携(6次産業化)のきっかけと現状について

②人材育成と外国人雇用への取り組みについて

③各分野(農業・加工・販売)で必要なイノベーション(先端技術革新)について

④今後の経済発展におけるグローバル化への対応について 等

※内容は若干変更になる場合があります。


■パネラーの紹介                                                                                          

岡本 孝志 氏 ㈱オキス 代表取締役社長

1961年鹿屋市生まれ。1980年岡本産業入社。2005年6月代表取締役就任。2006年7月、㈱オキス設立と同時に代表取締役就任。(公社)鹿児島県貿易協会理事、鹿屋商工会議所2号議員、(一社)鹿屋市観光協会理事など公職も多数。

上村 昌志 氏 ㈱カミチクホールディングス 代表取締役社長

1958年鹿児島県生まれ。1985年食品卸売会社として㈲上畜(現:㈱カミチク)を設立。1992年生産事業を開始、その後外食事業、酪農事業も展開。現在、㈱カミチクホールディングス代表取締役社長のほか、カミチクグループ7社の要職を兼務。

徳満 義弘 氏 南薩食鳥㈱ 代表取締役社長

1953年都城市生まれ。大学卒業後、㈱児湯食鳥入社。㈱藤井物産末吉工場総務課長等を経て1981年より南薩食鳥㈱。同社取締役営業部長・常務取締役を経て1995年5月より現職。また、2004年4月から(農)エヌチキン代表理事にも就任。


■お問い合わせ

鹿児島商工会議所 中小企業振興部 経営支援一課

TEL:099-225-9533 FAX:099-227-1977

メール:mailto:shien1@space.ocn.ne.jp