鹿児島商工会議所 中小企業景況調査

鹿児島商工会議所は、鹿児島市内の商工業者の経済動向等に関する情報の収集・分析を行い、経営に必要な地域情報を提供することを目的に、鹿児島市内の事業者を対象とした景況調査を年に4回実施しています。 ■2014年度

1〜3月期 業況は2期連続で改善するも、来期は駆け込み需要の反動を懸念
4〜6月期 駆け込み需要の反動減でマイナス幅拡大
7〜9月期 緩やかながらも、景況感は持ち直しの動き
⇒10〜12月期

  ■2013年

10〜12月期 業況はマイナス幅縮小~製造・建設は持ち直しの動き~
7〜9月期 一部持ち直しの動きがあるものの業況はやや悪化
4〜6月期 緩やかな回復の動き~来期の景気浮揚に全業種が期待~
1〜3月期 一部で持ち直しの動き~来期の景気回復に期待感高まる~

■2012年

10〜12月期 一部で業況改善の兆しあり~製造業・小売業は依然として厳しさ続く~
7〜9月期 業況感はほぼ横ばい~先行きは依然として厳しく~
4〜6月期 業況はナイナス幅縮小~建設業は依然厳しく~
1〜3月期 業況はほぼ横ばい〜建設・小売業は厳しさ続く〜

■2011年

10〜12月期 特産品関連に新幹線効果 業況DIのマイナス幅縮小
7〜9月期 中小企業の景況感悪化
4〜6月期 業況はほぼ横ばい、一部で震災の影響
1〜3月期 大震災により先行き不安強まる

■2010年

10〜12月期 業況DIのマイナス幅縮小
7〜9月期 中小企業の景況感悪化
4〜6月期 前期に続きマイナス幅縮小
1〜3月期 業況DIのマイナス幅が大幅縮小

 

■2009年

10〜12月期 2期続けてマイナス幅拡大
7〜9月期 低い水準で足踏み
4〜6月期 前期に続きマイナス幅縮小
1〜3月期 製造業以外はやや改善

 

■2008年

10〜12月期 全業種で厳しさ続く
7〜9月期 製造業の悪化が顕著
4〜6月期 業況は引き続き厳しく
1〜3月期 マイナス幅が大きく拡大

 

■2007年

10〜12月期 足踏み状態続く
7〜9月期 全業種とも厳しい景況
4〜6月期 非製造業には厳しい業況
1〜3月期 全体的にはマイナス幅拡大

 

■2006年

10〜12月期 中小には停滞感残る
7〜9月期 景況感足踏み状態
4〜6月期 景況感足踏み続く
1〜3月期 景況感は足踏み

 

■お問い合わせ

鹿児島商工会議所 中小企業振興部 経営支援三課 TEL:099-225-9533 Mail:shien3@space.ocn.ne.jp