中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)

■倒産防止共済制度 〜連鎖倒産防止〜

「中小企業倒産防止共済制度」は、中小企業の方々の連鎖倒産を未然に防ぐために、加入者があらかじめ掛金を積み立てておき、加入後6カ月以上を経過して、万一取引先事業者が倒産し、売掛金や受取手形などの回収が困難になった場合に、共済金の貸付が受けられる制度です。
1.掛金の総額の10倍以内を貸付(貸付額最高8,000万円)※平成23年10月より改正

 
“加入者は、積み立てた掛金総額の10倍の範囲内で被害額相当の共済金の貸付が受けられます。2.無利子・無担保・無保証人取引先企業が倒産した場合、無利子・無担保・無保証人で共済金の貸付が受けられます。
 ただし、貸付を受けた共済金の1/10に相当する額が掛金額から控除されます。3.税法上の特典掛金は、税法上、必要経費、または損金に算入できます。4.貸付制度

 
臨時の事業資金が必要となった場合、解約手当金の範囲で貸付が受けられます。

● 加入資格

  • 引き続き1年以上事業を行っている中小企業
● 掛金

  1. 1.掛金月額は、5,000円〜200,000円の範囲内(5,000円きざみ)で加入後増額できます。
    減額する場合は一定の要件が必要です。
  2. 2.掛金は、掛金総額が800万円になるまで積み立てることができます。
  3. 3.掛金の掛止め、休止もできます。(掛金総額が掛金月額の40倍に達した場合等)

■ 問い合わせ

鹿児島商工会議所 中小企業振興部 経営支援三課
鹿児島市東千石町1-38 アイムビル13F
TEL 099-225-9533